キウォフハート通販グローバルバイブル

フィラリア予防薬の副作用が心配ですが危険性はないのでしょうか?

予防薬自体は非常に安全性の高いものです。何よりも怖いのは、大切なペットがフィラリアに感染してしまう駆除をするのが大変ですので、だからこそしっかりと予防をしなければなりません。
ですが、どんな薬であっても副作用が出る可能性を捨てきることはできませんから、だからこそしっかりと理解をして正しく薬を使っていくことが重要になります。上手に薬とお付き合いをしていきましょう。

副作用で表れる可能性のある症状

フィラリアの予防薬を投与しても極めて副作用が起こる可能性は低いのですが、起こりうる症状としては、
・下痢
・食欲不振
・嘔吐
・痙攣
といったものを挙げることができます。
万が一のケースを考えて、薬を与えたあとはできる限り傍にいて様子を見守るようにしてください。毎年フィラリアの危険性が高まってくるシーズンを迎えましたら、きちんと血液検査を受けてペットの健康状態を確認し、獣医師の話をよく聞いた上で薬を与えるようにしましょう。初めて与える種類の薬であればさらに注意が必要です。
また、昨今ではネット通販を利用して安い予防薬を個人輸入することもできますが、素人が判断をして与えては大切なペットの健康を害する可能性が高まりますので控えておくべきです。

感染に気付かずに予防薬を与えるのが一番危険

フィラリア予防薬の利用において何よりも怖いのが、フィラリアの感染に気付かずに投与をしてしまうことです。感染した動物の血管内には、たくさんのミクロフィラリアが存在していることになります。その状態で予防薬を与えてしまうと血管内のミクロフィラリアが一気に死滅してしまい、その影響を受けてショック症状を引き起こす可能性が出てくるのです。最悪のケースになるとペットが死亡してしまうこともあります。だからこそ、予防薬を投与する前には病院できちんと診察を受ける必要性があるのです。
もし感染が見つかったら成虫を駆除、その後ミクロフィラリアの駆除、そして治った後に予防薬を投与して治療が完了します。罹患すると身体に負担をかけないように徐々に虫の量を減らさなければならないため、それと知らずに予防薬の投与をすることは非常に危険です。

必ずフィラリアの検査を受けましょう

フィラリアの予防薬の副作用を防ぐためには、ペットの健康状態の確認が何よりも大切です。必ず感染をしていないということを確認した上で投与するようにしなければなりません。血液検査ですぐわかりますので、ペットの健康のために手間を惜しまないようにしてください。

キウォフハート通販グローバルバイブルTOPへ