キウォフハート通販グローバルバイブル

フィラリアの薬はいろいろ診察で与えられる

フィラリアがつく前に駆除

一番いいのは蚊に刺されないことですが、実際それが難しいのは人手もそれができないことからよく分かるはず。蚊は気温15度以上なら活動して、温暖化の影響もあって、活動時期が伸びていて、冬でもかを見るようになりました。そして室内外で外散歩に出ないからといったことも危険。人でも室内で蚊に刺されることがあります。

完璧に刺されないようにするには容易ではないのです。そして蚊に刺されてもフィラリアが心臓にたどり着く前に駆除してしまえばいいです。予防薬のパッケージに、犬糸状虫感染開始後1か月~観戦終了後1カ月までの期間、毎月1回摂取させるとありますが、これは蚊が見られて1か月後~蚊がいなくなって1か月後まで毎月1回投与すること。

もし4月かを見つけたら5月薬の投与をはじめ6,7月と月1回予防薬を飲み続けます。11月かがいなくなれば予防薬は12月まで投与するとその年犬フィラリア予防が完了します。

発症しない為の物

そして、カルメドックは、蚊が出てくるときにすぐ薬投与する必要はなく、それは成長するタイミングと関与していて、幼虫をもった蚊に刺されれば犬の皮膚に幼虫が入って、その後3~10日ほどで幼虫は脱皮し一回り大きくなります。カルメドックはこの以降幼虫を完全に駆除し、蚊に刺された直後投与するのでなく、時間を置き投与を始めてください。どうして1か月後かと言えば、移行幼虫は50~70日ほどで脱皮して大きくなり、大きくなれば薬がしっかり聞かないで、大きくなる前薬投与しておくことがだいじです。

カルメドックを一回使えば、前月感染した幼虫をまとめて駆除できます。なので、月1回投与でフィラリア症を予防できます。そしてカルメドックは犬フィラリアが体内に入らないようにするものではなくて、体内に入った幼虫は心臓につき発症しないようにするための駆除薬なのです。

そしてこの蚊のシーズン終了から1か月後まで1カ月に1回確実に続けること。

感染しても発症しないことがだいじなのです。

キウォフハート通販グローバルバイブルTOPへ