キウォフハートの使用方法・飲ませ方についてチェックしよう!

キウォフハートについて

キウォフハートの製造には研究者が薬の品質にこだわり抜いた思いが集結し、キウォフハートを作り上げることに成功しました。また、愛犬が薬を服用するのが苦手だという犬の飼い主さんも喜ぶ、犬が好きな味になるよう徹底的に調べ上げ研究を重ねた結果、出来上がった薬は犬が大好きで食べたがるミート味でのフィラリア予防薬の製造を叶えたのです。

キウォフハートはカルドメックチュアブルのジェネリック医薬品です。キウォフハートの成分はカルドメックと同じ成分のフィラリア予防薬の扱いになります。ジェネリク医薬品は、薬の主成分や安全性が同じである薬ということをさします。

カルドメックが獣医師の要指示薬であるため、獣医の処方が必要な薬に対して、キウォフハートの購入は海外個人輸入サイトを利用して、カルドメックと同じ成分であるキウォフハートを入手することができ、動物病院でカルドメックを購入する価格の80%オフくらいの価格で購入できることが可能になります。

キウォフハートの使用方法・飲ませ方について

使用方法は月に1回の投与で効果が期待できます。投与は毎月同じ日に与えるか、同じ間隔の日数で与えてください。薬の飲ませ方については、そのままで服用させても、餌に混ぜて与えることも可能です。服用した際は、しっかり薬を飲み込んだことを確認することが注意点になります。

キウォフハートは犬の体重によって与える薬の量が決まっているので、適切な量を与えましょう。薬の分別は、小型犬、中型犬、大型犬の3つに分かれていて、体重制限もあります。以下に記載します。

●小型犬・・・11kg未満
●中型犬・・・12kg~22kg
●大型犬・・・23kg~45kg

45kg以上の犬に服用させる場合は、これらの種類の錠剤を体重に合った適切な量を組み合わせて服用させます。組合せて薬の量を適量にする際は慎重に行いましょう。間違えた量を服用させてしまうと効き目が現れないなどや、多く与えた場合には副作用の原因にもなりかねません。薬を組み合わせて適量を作る際は気をつけましょう。

キウォフハートの効果について

フィラリア予防薬の効果は服用後どれくらいから効き目が現れるのか、飼い主としては心配な面があります。薬の効き目はフィラリア予防薬の種類によっても異なるものであることには間違いないですが、キウォフハートの効き目が始まる早さは服用後30分以内というスピードが特徴になります。

キウォフハートの主成分にはフィラリア予防に効き目が高いといわれる「イベルメクチン」を含んでおり、フィラリア感染を防ぐだけでなく、回虫(かいちゅう)や鉤虫(こうちゅう)など腸内管に生息する寄生虫の駆除を同時に行なうことが出来ます。また、フィラリア幼虫が成虫になるのを防ぐ作用も有効とされ期待ができます。

キウォフハートはカルメドッグ(ハートガードプラス)と有効成分が同一です。カルドメックやハートガードプラスを使用されていた飼い主さんは、安心してフィラリア予防薬をキウォフハートに替えることが出来ます。

キウォフハートの副作用について

フィラリア予防薬はキウォフハートを含め、どの薬も安全性の高い薬といわれています。しかし、犬が既にフィラリアに感染している場合はキウォフハートの服用により、犬の体内にいるフィラリア寄生虫が死滅を一気にするので、その反動により犬が発熱する、激しいショック状態を起こす、または死亡に至る場合があります。

キウォフハートは、薬の併用が出来ない医薬品があります。他の医薬品または、サプリメントの服用を望まれる場合は、獣医師に確認のもとに服用させるようにしましょう。薬やサプリメントの成分によっては、併用が出来ない場合があります。

主な副作用について以下に記載します。

●嘔吐
●下痢
●食欲不振
●歩行困難
●痙攣
等の症状が現れた場合は、キウォフハートの服用を中止し、獣医師の診察を受けましょう。キウォフハートの服用が原因でない可能性も考えられますが、キウォフハートによる副作用の場合は速やかにフィラリア予防薬を替えて、早急に服用させましょう。

キウォフハートの注意点について

キウォフハートは日本国内では要指示薬で獣医師の処方が必要な扱いになります。キウォフハートを使用の際は獣医師の指導を受け、投与の仕方や投与量を守り薬の服用をさせましょう。 キウォフハートの効果や投与方法、副作用についての説明は、キウォフハートを販売する国の説明書を日本語に訳したもので、日本の獣医師の指導とは用法・用量が違う場合があります。

キウォフハートを投与される前に必ず獣医師に相談して、血液検査を行いましょう。

キウォフハートの投与後の保管は、太陽を避け湿気のない涼しい場所で保管をしましょう。

キウォフハートは個人で輸入サイトから入手する薬ですので、犬に初めて投与される場合は、犬の様子をしっかり観察していましょう。万が一、様子がおかしい場合には、早急に獣医師の診察を受けるようにしましょう。そのため、投与される時間帯は朝の食事の時に与えると、万が一の時に動物病院へ行くことができます。夜の投与はやめましょう。

安くて安全な犬の薬を海外から格安で購入|わんこのくすりやさん

  ≪ 前の記事: を読む